検索
  • 管理人

アイスキャンドルフェスティバル@きらら




2020年2月15日、山中湖沿いの広大な公園コミュニティセンターきららで「アイスキャンドルフェスティバル」が開催されました。


キャンドル点灯は午後4時。小さなキャンドルに次々と火が灯されていきました。


午後4時37分、冬にしか見られない「ダイヤモンド富士」が出現。日没の太陽が富士山の真上にかかり、ダイヤモンドのように煌めきます。


午後6時、富士山をバックに湖の上で花火が上がりました。5分間という短い時間ですが、十分に楽しめました。何せ寒いので通常の花火大会のように30分以上、外で花火を見続けるのは辛いかも。


ちなみに公園内にはおしゃれなフードスタンドや2階もあるオープンエアの椅子テーブル席の他、中でほっこりできるテント、勝手に薪をくべられる焚火が数カ所に設置されており、外の寒さを気にせずゆったりくつろぐことができます。


花火終了後も公園内を散歩したり、フードスタンで飲み物やスナックを買って食べたり、焚火で暖まったりする人たちで賑わっていました。


ダイヤモンド富士、幻想的なキャンドルライト、富士山をバックに見る冬花火を一度に見られるのはこの日だけ。来年はぜひいらして下さい(開催は2月中旬の土曜日)。


注:バスの運行は夜6時半までなので、残念ながら車でしか来ることができません。公園内の駐車場は午後5時半まで300円、それ以降は無料です。それなのにこの日は5時半以降、出口ではバーが上がっているのに何故か駐車料金のアナウンス。戸惑った人たちが料金を機械に払っていました。払う必要はないので気をつけて下さいね。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年、山梨県側の富士山ルートを閉鎖 Fuji Route on the Yamanashi Side Closed in 2020

大変残念ですが、新型コロナウイルスの影響で、今年7月1日から9月10日までの夏山シーズン中、山梨県側から富士山に登ることができなくなりました。その後も冬まで閉鎖するため、実質、今年はずっと閉鎖です。 通行止めになるのは、山梨県側の吉田ルート(一番人気の河口湖から最も近いルート)の登山道と下山道、登山道に繋がる4つの林道です。 富士山の登山道を閉鎖するのは記録の残る昭和63年以降、初めてだそうで、新

コロナ時代-旅の傾向 Corona - Travel Trend

今日、大好きなエアビー、ブライアン・チェスキーCEOのビデオメッセージを見ました。「最近のデータを分析すると、旅行者が望む条件は4つ。(1)海外よりローカル、(2)低価格、(3)清潔でプライバシーが確保できる空間、(4)直前予約と柔軟なキャンセルポリシー」。うちの宿もこの条件に沿って対策します。ただ、コロナが落ち着いたら、個人的にはやっぱり国内よりも海外に行きたい!です。 Today I saw

© 2021 by Tiny House Hotel Moritabby